司法書士がいったいどんな業務をこなしているのか、一般的に知られていない事も多いのです。
実は、司法書士は会社設立から債務整理など、代理人のかわりに手続きをおこなっているのです。
それだけではなく、遺産相続の問題や土地の購入の書類作成など、あらゆる分野で活躍をしている仕事なのです。

債務整理が必要な人必見

交通事故の慰謝料相談

効力が大事な遺言書作成

ただ遺言書作成をすればいいというのではなく、効力が大事になってきます。自分で遺言書作成をすると効力があるかどうかという事が判断できずに、知らない間に法的に効力がない遺言書作成をしてしまっていたという事も考えられます。

ですので、せっかく遺言書作成をするのであれば、効力があるかどうかという事について考える様にしたいですね。しかし、自分では効力があるのかどうかという事は分からないケースが多いと思いますので、弁護士などに見てもらって、判断してもらった方がいいかもしれませんね。

弁護士の中には、遺言書作成を主として業務を行っている人もいます。ですので、気軽に頼んでみるといいと思います。

遺言書作成と土地の分割について

土地の分割をしっかりと行いたい場合には、遺言書作成の手続きを取ることがとてもおすすめです。 現在のところ、優れた対応が行われている弁護士の活躍ぶりについて、多方面で紹介されることがあるため、まずは便利な情報を仕入れることが良いでしょう。

また、遺言書作成の手順について知りたいことがあれば、経済新聞や経済情報誌などのメディアをチェックすることが有効です。 その他、もしも土地の価値の相場についてわからないことがあるときには、各方面の専門家からアドバイスをもらうことが重要なテーマとして位置付けられています。

遺言書作成の際の注意点とは

パソコンの利用人口も増え、手軽という理由でパソコンでの遺言書作成を考えるかもしれませんが、そのような遺言書は無効になります。パソコンで作成した遺言書は自筆証書遺言にあたりますが、これは自書して押印するという民法で定められたルールに反するため無効となります。

しかし、次のような場合は有効です。秘密証書遺言というのもありパソコンで作成した上で封印し、証人二人と公証役場に持ち込み自分の遺言書であることを公証人に公証してもらうものです。

その場合も形式があるので注意しなければなりません。遺言書作成は既定のルールに沿ったものでないと無効になり、折角作ったのにかえって相続人を困らせる種になりかねませんので、注意点をよく確認し作成する必要があります。

パソコン遺言書作成したものは有効なの?

最近ではパソコンやワープロが普及しており、誰でも簡単に利用できるように成りました。 遺言書作成も、これらの機材を使えば簡単に打ち込めますし、利用を考える方も少なくはないようです。

そこで気になるのが、遺言書作成はパソコンなどの機材で行っても問題ないかという点と思いますが、結論から言いますと、最も手軽に行える自筆証書遺言では不可、秘密証書遺言では条件付きで可とする場合が多いようです。 いずれにしろ大事な遺言書ですから、作ったものの無効と判定されてしまえばトラブルのもとですから、プロへの相談も含めて慎重に考えましょう。

遺言書作成に期待できる事とは

自分が死んだ後の資産が心配になり、遺言書作成を検討している方にとって、どのように進めれば良いかを悩む場面もあるでしょう。専門家の行政書士に相談することは当然ですが、相続に関する相談や遺言書作成についての認識など、情報を集めながらサポートを受けられる会社が存在しています。

大阪をなど大きな規模の都市を中心に各地に見られ、またインターネットでの情報量も充実しているため、様々な背景を持つ方に重宝する機関が数多く、存在しています。相続に関するトラブルに対しても対応してもらえる場合があり、不安要素や疑問点を解決させることができます。

問題なく遺言書作成を進めるために

資産を持つ方が相続人への遺産分配を自由に決めるためには、遺言書作成が必須となります。法廷上の相続分と関係なく、どのような相手へ遺産を渡したいかなど、特定の条件や指定を行いたい時には遺言書によって効力が発揮されます。

相続人が複数存在する場合においても、法律に従って作成された正しい遺言書の内容は有効となるため、相続人同士でのトラブル発生を防ぐ事もできます。遺言書には複数種類あり、いずれかの方法で遺言を残すことになります。一般的なのは全文を自身で記入する自筆証書遺言ですが、その他公正証書遺言など、証人立ち合いのもと遺言書を作成したり、裁判所の検認や必要となるものもあります。

遺産相続の関連記事

遺言書作成・相続手続き

過払い、債務整理、労働問題

司法書士や弁護士の情報