司法書士がいったいどんな業務をこなしているのか、一般的に知られていない事も多いのです。
実は、司法書士は会社設立から債務整理など、代理人のかわりに手続きをおこなっているのです。
それだけではなく、遺産相続の問題や土地の購入の書類作成など、あらゆる分野で活躍をしている仕事なのです。

債務整理が必要な人必見

交通事故の慰謝料相談

交通事故弁護士の費用を抑える

交通事故弁護士を利用したことがある方ならお分かりになるかと思いますが、弁護を依頼するには数十万円という高額な費用が必要になります。交通事故自体予期せぬことなのでこうした費用を用意するのは困難な場合もありますが、弁護士を雇わなければ慰謝料の獲得も困難です。

そうした場合には、成功報酬制で動いてくれる弁護士を探すと良いでしょう。成功報酬制では依頼料だけを支払えば良いことが多く、報酬は依頼に成功した場合のみ発生し、得ることができた金銭的利益から25%前後というのが相場です。

つまりは、支払いは最初の依頼時のみで良いということなので金銭的負担を減らすことができます。

交通事故弁護士がつくと、賠償金は増額される

交通事故の被害者は、事故とは言え、傷害され、健康も日常も不当に奪われたわけですから、妥当な賠償を受けるべきです。しかし、現状では妥当な賠償を受けられる被害者は多くはありません。

妥当な賠償金額とは、裁判基準を適用した額です。裁判基準は交通事故弁護士がついたときに適用されるもので、被害者が個人で交渉していると、ずっと低い基準が使われます。交通事故弁護士がつくと、裁判をしなくても裁判基準による賠償金額となることが少なくありません。低い基準を適用して粘っていると、勝ち目のない裁判になり、裁判費用も負担することになるとわかっているからです。

専門を見極めたい交通事故弁護士

あらゆる対応をしないといけない交通事故弁護士は、細かい部分を見ていくと何を得意としているのかという事は人によって違います。交通事故弁護士の中には、後遺症認定が得意な人もいれば、訴訟に強い人もいます。

また、示談交渉や慰謝料の増額を得意としている人もいると考えられます。特にこの問題を重点的に対応してもらいたいという事があれば、その事柄を得意としている交通事故弁護士を見極める様にしましょう。

交通事故弁護士の専門については、どの様に見極めればいいのかという事についてですが、多くの場合は交通事故弁護士のwebサイトで確認する事ができます。他にも相談に向けて大事な情報を得られます。

交通事故弁護士による交通事故解決までの流れ

交通事故が完全に解決するまでにかかる期間は、一般的に半年程度と言われています。後遺障害の等級認定や示談交渉、または裁判にまで発展してしまうと長引くケースもあります。交通事故解決までの流れとしては、まず交通事故に遭遇したら自覚症状が無くても必ず病院で診察を受けましょう。

事故直後は身体が興奮状態にあるため、痛みに鈍感になっている可能性があります。また、脳内出血やむち打ちのように、後になって症状が現れて来ることも珍しくありません。交通事故弁護士に依頼するのは、なるべく早い方が良いので、治療を始めた頃には相談しておくと後の示談交渉がスムーズになります。治療を続けても現状以上の回復が見込めないと判断された状況を症状固定と言い、症状固定以降の治療費は請求できなくなります。

そのため、保険会社などはまだ回復の見込みがあるのに症状固定を認めさせようとする場合があります。安易に了承せず、医者と相談して決めるようにしましょう。症状固定のあと、後遺障害の等級認定が決まると、示談交渉が始まります。加害者側の味方である保険会社は、慰謝料を最低ラインに抑えるための交渉を行ってきます。納得できる慰謝料を得るためには、交通事故問題のプロとして頼れる交通事故弁護士に依頼しましょう。

交通事故弁護士への相談による解決方法

交通事故に遭ってしまったとき、自力で問題解決させる他にも、交通事故弁護士へ相談を行うという方法が存在しています。保険会社と交渉して解決することを目指しても、思わぬトラブルへ発展する可能性も否定できません。示談や慰謝料の交渉をしなければならない際など、専門的な知識を有する弁護士の存在は心強いものです。

死亡事故や、怪我によって後遺障害等級が認定、重傷を負った場合など、状況に応じた対応が必要となります。さらに、保険会社に損害額を提示されたものの、妥当な金額なのか分からないという方も多く見受けられます。

交通事故の関連記事

遺言書作成・相続手続き

過払い、債務整理、労働問題

司法書士や弁護士の情報