司法書士がいったいどんな業務をこなしているのか、一般的に知られていない事も多いのです。
実は、司法書士は会社設立から債務整理など、代理人のかわりに手続きをおこなっているのです。
それだけではなく、遺産相続の問題や土地の購入の書類作成など、あらゆる分野で活躍をしている仕事なのです。

債務整理が必要な人必見

交通事故の慰謝料相談

債務整理の一つである自己破産

事業などの借金の場合には、個人では考えられないほどの借金の総額になっていることが予想されます。そうなってしまいますと、債務整理での任意整理はできなくなり、個人再生や自己破産になります。

しばらく、収入が見込めないような状況であるのであれば、自己破産が適応されることでしょう。破産に関しては裁判所への申し立てが必要とされます。自分だけでなく法律家である弁護士のサポートを得た方がいいでしょう。全ての人に適応される訳ではないので、そのことも踏まえた上で手続きを進めていきましょう。破産が認められるといいですね。

自己破産は経験のない弁護士だと債務整理もきつい

弁護士によって、債務整理の経験が少ないために、依頼を出すのが相当難しい可能性もあります。依頼を出しづらいと思っているなら、行いやすい方法を検討した方がいいです。いい方法を検討していくと、楽に終わらせる可能性も生まれてきますし、自己破産についても説明されやすくなります。

経験を持っている事務所について調べてみると、大体わかってきます。ネットでここが良いとか、この事務所は多く担当していることがわかって、債務整理の相談を行いやすくなります。今の時代は、ネットを使って相談できるのもメリットとなっています。

個人再生と自己破産、債務整理するならどちらが良いのか

債務整理には4つの手続きが存在します。中でも効果の大きいのが個人再生と自己破産です。多額の借金の債務整理を行う場合、どちらの手続きを選択すれば良いのでしょうか?個人再生は、最大で5分の1まで借金を減額することが可能です。

一方自己破産は、資産が没収されるのと引き換えに、借金の返済義務を無くすることが可能です。借金が消滅する訳ではなく、連帯保証人に請求が回されるだけなので注意しましょう。またどちらの手続きも、裁判で申し立てが否決されてしまう可能性があります。法律事務所と相談しながら、可決の可能性が高い手続きを選択すると良いでしょう。

債務整理の対象外となる非免責債権は自己破産でも免責できない

国民健康保険や住民税などの税金は、非免責債権と呼ばれています。非免責債権は債務整理の対象外とされており、例え支払い能力が無い方でも、債務整理によって減額や免除にする事はできません。これは経済的に破綻してしまっている自己破産者においても同様です。

借金であればどれほど高額であろうと帳消しにできますが、税金の滞納に関しては帳消しにできないのです。他にも、事故による損害賠償や、法律違反による罰金、離婚時の養育費なども減額・免除の対象外とされています。ただし、慰謝料に関しては、離婚の経緯によっては減額・免除が認められる場合もあります。

債務整理の相談は弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/

京都事務所
〒600-8216 京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

債務整理、任意整理、多重債務の過払い請求はお任せください。

債務整理の関連記事

交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きの内容に正しくない箇所があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きはお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

遺言書作成・相続手続き

過払い、債務整理、労働問題

司法書士や弁護士の情報