司法書士がいったいどんな業務をこなしているのか、一般的に知られていない事も多いのです。
実は、司法書士は会社設立から債務整理など、代理人のかわりに手続きをおこなっているのです。
それだけではなく、遺産相続の問題や土地の購入の書類作成など、あらゆる分野で活躍をしている仕事なのです。

債務整理が必要な人必見

交通事故の慰謝料相談

交通事故で弁護士を気軽に利用するために

きっと交通事故が発生すると、行き詰まりを感じどうしていいのかわからないという事になってしまう事もあるかと思います。そんな時に、弁護士相談など解決策として選択できる手段が多いと助かります。

交通事故の際には、医療を受けて、怪我を完治するだけでなく、相手から適切だと思える慰謝料を受け取りたいですね。

自分が適切と思える金額の慰謝料が言い渡されるかわかりません。もし、希望から大きく異なるなら弁護士相談をしたいと思う事でしょう。でも、交通事故の事で弁護士相談するには、やはり弁護士への相談料が解決を遠ざけてしまう事もあります。

もしも交通事故が発生した際に、そんな思いをしたくないというのであれば、交通事故の慰謝料などをカバーするのみならず、弁護士特約のある保険への加入が便利だと思います。

交通事故後早期に交通事故弁護士に相談する

交通事故の被害者となったら、なるべく早期に交通事故弁護士に相談することです。事故直後ほど、被害者がやっておくべきことは多く、それをしていなかったために、あとあと不利な状況になることはたいへん多いのです。加害者側との示談交渉がまとまらず、その段階で依頼するのも、依頼しないまま示談に応じてしまうよりはずっと良い結果は得られます。

しかし、弁護士がつく時期は、早ければ早いほど良いのです。重傷であればなおさらそうです。撮影しておくべき画像、症状固定の時期の決め方なども含めて、交通事故弁護士の的確な助言が受けられます。

メリットが多い交通事故弁護士の利用

ここでは交通事故弁護士を利用すると、どんなメリットがあるのか考えてみたいと思います。まず、交通事故弁護士を利用すると、専門家が対応してくれるので、不利だと思われがちな交渉であったとしても、より納得できる結果を得やすくなる事が予想されます。

結果として、交通事故弁護士に相談する事で、慰謝料が大幅に増額できた人もいます。また、交通事故弁護士に相談する事によって、本来であれば自分ですべき事を交通事故弁護士に任せる事ができますので、自分自身は治療に専念する事ができます。これらの事について検討すると、メリットは多いと考えられます。困った事があった場合にはためらう事なく利用しましょう。

交通事故弁護士なら後遺障害等級の相談も

交通事故で後遺症を抱えてしまった場合、被害者は加害者側に対して慰謝料を請求することができます。この場合、後遺障害等級が慰謝料の金額に影響してきます。後遺障害は、労働能力の喪失率によって16等級142項目の等級に分類されているため、どの等級であるかによって慰謝料の金額が異なります。

最も重篤な後遺障害は介護を要するもので、第1級と第2級があります。次に重い障害が後遺障害であり、第1級から第14級まであります。例えば、後遺障害第14級で得られる保険金は75万円、第13級で得られるのは139万円です。

後遺障害第1級では3000万円となります。ただし提示された等級は絶対的なものではなく、本人の訴えが通らずに、軽い等級にされていることもあります。こうしたケースでは、適正な等級を得るために、交通事故弁護士に相談することができます。

交通事故弁護士は交通事故に関するプロフェッショナルですので、様々な事例で慰謝料の増額が得られています。また、慰謝料が適正であるかどうかの査定は、多くの弁護士事務所が無料で行っています。弁護士費用については、事務所によりますが、後払いや完全成功報酬型を採用している場合もあります。

交通事故弁護士が相談にのってくれます

不慮の事故で、どうしたらよいのかわからない場合、交通事故弁護士が相談にのってくれます。弁護士は、事故の示談交渉や、損害賠償金請求など、事故に関わる全ての事案に対し、対応してくれます。

示談交渉は、素人がすると必ず後で揉めたりしますし、損害賠償金もなかなか素人が請求するのは難しいですが、しっかりと被害者と話しをし、弁護士が対応してくれます。相談は無料なので、事故に遭ってしまい相手方の対応に、不満があり保険会社にも頼る事が出来ない方は、話してください。自分が望む形で法律の力を使い、解決することが出来ます。

交通事故の関連記事

遺言書作成・相続手続き

過払い、債務整理、労働問題

司法書士や弁護士の情報