司法書士がいったいどんな業務をこなしているのか、一般的に知られていない事も多いのです。
実は、司法書士は会社設立から債務整理など、代理人のかわりに手続きをおこなっているのです。
それだけではなく、遺産相続の問題や土地の購入の書類作成など、あらゆる分野で活躍をしている仕事なのです。

債務整理が必要な人必見

交通事故の慰謝料相談

遺産相続に関する遺言書作成について

遺産相続については基本的に子供に均等に振り分けられます。ですが時々子供には遺産を渡したくない人や、どこかに寄付したいと思う人もいるのです。そこで遺言書を書きます。

しかし、ただ書くだけではほとんどと言っていいほど効果がありません。意図的にそれを燃やしたり処分したりすると遺言書そのものが無くなるからです。

そこで普通は弁護士に依頼します。もしもの時に保証人のようなものになってもらうためです。遺言書作成時にその弁護士に対して手数料や依頼金などを支払う必要があります。 少々お金はかかりますが利用しても損はないです。

銀行の預金債権の遺産相続

銀行の預金債権は、可分債権です。そして、可分債権は相続が発生した時に直ちに分割されるため、遺産相続開始後すぐに引き出せるというのが理論的な帰結です。しかし、実務上はそれができません。

その理由は、銀行はのちのトラブルを避けるため、遺産分割協議が終わったことを証明するものを示さないと、預金の引きおろしに同意しないからです。このように、遺産分割には面倒な法的な問題がたくさんあります。

したがって、遺産相続で悩む人が多いです。そういう時には、確実に解決ができるという点で、弁護士に相談するのが最適です。弁護士の中でも、特に遺産に詳しい人ならば、適切な助言を求めることができます。

遺言書作成の手順を学ぼう

遺言書作成の手順は、初心者にとって判断しにくいものの、ベテランの弁護士が在籍している事務所にお世話になることで、誰しも失敗のリスクを最小限に抑えることが可能です。

また、遺言書作成の手続きの取り方を理解するためには、数カ月以上にわたる時間が必要となることがあるため、常に余裕を持って相続人の間で話し合いを進めることが成功の秘訣です。

その他、すでに遺言書作成を依頼したことがある人の体験談に目を向けることによって、多忙な生活を送っている人であっても、速やかに相談先を見つけることができるといわれています。

遺言書作成で無効になるのを防ぐには

遺言書を作る際、誰に何を分配するかと言った取り決めも大切ですが、それがしっかりと効力を示すよう、法律に基づいて遺言書作成を行うことが大切です。 遺言書作成の際には気をつけておきたいポイントが多数あり、知らずにそれを破ってしまうと、効力が発せられないかもしれません。

その為に、どういったことをやってしまうと無効になるのか、しっかりと気をつけて作成しましょう。 自身で勉強するのは勿論ですが、司法書士や弁護士などに相談できるので、アドバイスを貰いながら、あるいは、チェックをしてもらいながら進めていくのも良いでしょう。

問題のない遺言書作成とは

遺産相続が必要となったり、資産を所有している方が亡くなった場合など、他の家族間での遺産相続分については法律で定められている通りに適用されます。法律で定められた相続分での分配も可能ですが、その場合にも条件によっては遺産分割協議による分配が必要なこともあるため、遺言書がないと、たとえ家族内であっても、大きなトラブルになることも考えられます。

公平で円滑な相続手続きが行われるためには、遺言書作成が欠かせません。大阪を中心に、作成業務についてのアドバイスが無料で受けられる専門機関は、全国的に多く存在しています。

正しく知っておきたい遺言書作成

資産を所有する方が抱える様々な問題のうち、大きな課題ともなるのが遺言書作成です。法廷上で定められた相続人へ遺産を引き継ぐ場合、特定の相手への引継ぎや遺産内容を指定したい場合など、被相続人としての意思表示として利用できる唯一の手段が、遺言書を作成することでもあります。

遺言書は大きく分けて3種類存在しており、自筆証書遺言と公正証書遺言、そして秘密証書遺言が多用されています。それぞれの特徴が異なることから、作成方法なども含めて正しく把握することによって、有効的な遺言書の作成がスムーズに実現されることでしょう。

遺産相続の関連記事

遺言書作成・相続手続き

過払い、債務整理、労働問題

司法書士や弁護士の情報