司法書士がいったいどんな業務をこなしているのか、一般的に知られていない事も多いのです。
実は、司法書士は会社設立から債務整理など、代理人のかわりに手続きをおこなっているのです。
それだけではなく、遺産相続の問題や土地の購入の書類作成など、あらゆる分野で活躍をしている仕事なのです。

債務整理が必要な人必見

交通事故の慰謝料相談

交通事故慰謝料は弁護士基準で計算しましょう

交通事故慰謝料を計算する方法は3つあります。一番安価なのが、自賠責基準でその次が任意保険基準、一番高価なのが弁護士基準となっています。自賠責基準と違い、弁護士基準は過去の事例をもとに慰謝料を算出するため、最終的な請求額が倍近くの差が出ることもあります。

弁護士であれば、現在提示されている慰謝料が適正かどうかを判断する事も出来ますので、交通事故に遭って提示されている交通事故慰謝料に納得がいかない場合は、弁護士へ相談することをおすすめします。結果的に相場よりも高い慰謝料を受け取れるかもしれません。保険会社との交渉も全て行ってくれるので、とても頼もしい存在となります。

弁護士基準での交通事故慰謝料を受け取りたい

弁護士基準での交通事故慰謝料を受け取りたい場合においては、交通事故の示談交渉を得意としている弁護士に依頼することで、可能性は高くなることでしょう。交通事故相談については、多くの機関や団体がおこなわれていますので、より良い助言をもらう事はできるでしょう。

しかしながら、実際の交渉については弁護士にしかできないことです。交渉の代理については弁護士しかできませんので、優秀な弁護士を雇うことが一番の策であると言えるでしょう。最近では多くの法律事務所がありますので、まずは交通事故相談からおこなってみましょう。

交通事故慰謝料を弁護士基準にすれば得をする

「弁護士基準で、交通事故慰謝料を算出すると得をする。」と聞いたことある方は少ないでしょう。今現在でも、交通事故にあった時に相談するのは、自分が加入している保険会社が圧倒的に多いです。

ですが、自分が加入している保険会社は、加害者の保険会社との中間に入って交渉することができません。加害者の保険会社に相談するのもいいですが、それではもらえる慰謝料を損しています。では、誰に相談すればいいのでしょうか。交通事故に強い弁護士に相談するのがおすすめです。慰謝料の交渉から、被害者のメンタル面のケアまで行ってくれます。

弁護士基準で交通事故慰謝料を交渉する理由

なぜ交通事故慰謝料を弁護士基準で考えるのでしょうか。それは、加害者側が加入している保険会社では、被害者に支払う慰謝料の金額が安価になってしまうからです。任意加入する自賠責保険は、保険の加入者が必要な項目を選んで、保険料もそれぞれです。

保証の高い保険に加入していればいいですが、一年の掛け捨てで高額な任意保険に加入する人は少ないでしょう。そのため、保険料に合う金額しか、被害者の保証分としかなりません。ですが、弁護士は被害者の利害と一致しているため、高い慰謝料が支払われるとそれだけで、自身の報酬にも繋がりますし、被害者の憂いも拭えます。

交通事故の慰謝料の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/

京都事務所
〒600-8216 京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

交通事故慰謝料の相談ならお任せください。交通事故に強い弁護士がいます。相続手続き、債務整理、過払い請求もお任せください。

交通事故の関連記事

交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きの内容に正しくない箇所があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きはお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

遺言書作成・相続手続き

過払い、債務整理、労働問題

司法書士や弁護士の情報