司法書士がいったいどんな業務をこなしているのか、一般的に知られていない事も多いのです。
実は、司法書士は会社設立から債務整理など、代理人のかわりに手続きをおこなっているのです。
それだけではなく、遺産相続の問題や土地の購入の書類作成など、あらゆる分野で活躍をしている仕事なのです。

債務整理が必要な人必見

交通事故の慰謝料相談

後遺障害の交通事故慰謝料を請求したい

事故に合って後遺障害が残ってしまったので、その分の交通事故慰謝料を請求したいとなった時にあなたならどうしますか?自分で保険会社とやり取りをする・・・それが確かに一番早く、費用をかけずにできます。しかし。この場合ですと、思った通りの慰謝料をもらうことができるのは非常にまれです。

そこで使用できるのが弁護士基準を使用することができる弁護士です。保険会社の人とのやり取りも、間に弁護士がいるのといないのでは全く異なってきますし、一度お任せしてしまえば、何度も繰り替えしてきた保険会社とのやり取りをしなくて済むようになります。

後遺障害の際の交通事故慰謝料で知っておいた方がいいこと

自分に後遺障害が残ってしまった時に、交通事故慰謝料を請求しようと考えている人や、一度請求をかけたけれど思った通りの金額が出てこなかった人は「弁護士基準」という言葉を覚えてください。

こちらは今まで起きた事例をもとにしているもので、弁護士の人が使用している赤本や、青本の元にもなっているものです。こちらを使用するのと使用しないのでは保険会社から提示される金額に100万円以上の差が出てくる時があります。こちらは誰だから使用できるというものではなく、誰でも交渉術をして使用することができます。素人でもこちらを武器に交渉することができるのです。

過去の事例を参考に計算される交通事故慰謝料

弁護士を通して交通事故慰謝料を請求したことにより、最初に提示された額よりも大幅に増額したという事例は珍しくありません。何故そういうことが起きるかというと、交通事故慰謝料の算出方法には3つの基準があるからです。

自賠責基準は入院日数などをもとにして計算します。支払い限度額があるため最低限の保障といえます。任意保険基準は、各保険会社によって異なる判断基準をもっていて、自賠責基準と弁護士基準の中間程度の額になることが多いです。弁護士基準は、過去の事例や裁判結果を反映して客観的な判断を下します。被害に応じて柔軟な対応が取れますので、提示された額に不満を感じたら弁護士へ早めに相談することをおすすめします。

交通事故慰謝料を計算する基準

事故にあった場合、条件によっては交通事故慰謝料を請求することが可能です。一般的なのが、運転手であれば加入の義務がある自賠責とそれぞれ選んで任意で加入できる任意保険があります。ただ、金額が決まっていたり、最低限の慰謝料しかもらえないため、被害者側にとっては納得できる金額ではない場合もあります。

その場合は、弁護士に頼むことで増額を見込むことが可能です。弁護士基準と呼ばれる裁判所でも参照される基準があり、事項の状況や過去の交通事故の事例や裁判所で判決の出た判例なども参考に慰謝料が算出されるため、金額が上がる傾向にあります。

交通事故慰謝料は減額も難しい

過失割合がかなり変化しているなどの状況がなければ、やはり交通事故慰謝料を減らしていくのは難しいことです。減らしたいと思っても、そう簡単に減らせないように調整しているところもあり、思っていたような状況は訪れません。

弁護士基準は、双方に使われているものですから、交通事故慰謝料を減らしていくのに苦労するのは当然のこととなります。減額したいと思っても、上手くいかないケースが多くなる場合には、相談を行ってください。相談していく回数が多ければ多いほど、もしかしたら対抗できる手段が生まれる可能性もあるからです。

交通事故慰謝料を引き上げる方法

交通事故でケガをしてしまった際に相手から払ってもらうことのできる金額を増やしたい、そういった方に朗報です。弁護士を通して相談することで交通事故慰謝料を希望の額まで近づけることも可能です。過去の事例をもとに弁護士の方は増額の手続きをしてくれます。

その具体的な方法は、1つ目が過失割合を下げること、2つ目が交通事故判例タイムスという書籍の利用、3つ目が物損事故費用を持つこと、4つ目が休業損害を基礎収入で算出すること、5つ目が後遺障害の等級認定を受けることなどです。他にも様々な手段を使い、交通事故慰謝料引き上げへと弁護してくれます。

交通事故の関連記事

交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きの内容に正しくない箇所があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きはお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

遺言書作成・相続手続き

過払い、債務整理、労働問題

司法書士や弁護士の情報