司法書士がいったいどんな業務をこなしているのか、一般的に知られていない事も多いのです。
実は、司法書士は会社設立から債務整理など、代理人のかわりに手続きをおこなっているのです。
それだけではなく、遺産相続の問題や土地の購入の書類作成など、あらゆる分野で活躍をしている仕事なのです。

債務整理が必要な人必見

交通事故の慰謝料相談

交通事故慰謝料とむちうち

交通事故慰謝料で一番相談が多いのがむちうちです。なぜかというと骨折や打撲のようにぱっと見て治ったことわかる怪我ではないためです。以前の事例では、むちうちで通院を1年以上しており、それでも治らなく通院を続けていた所保険会社から「もう治ったと思いますので、治療費は出せません」と打ち切りになってしまったこともあったそうです。

この時には間に弁護士に入ってもらい、医師の診断書などを生かしてまだ完治していないこと、これからも通院が必要になってくることを証明して、慰謝料と治療費を請求したそうです。ずっと付き合っていかなければならないのに途中で治療費を打ち切られてしまったら困りますよね。

主婦のむちうちに対する交通事故慰謝料の事例

交通事故慰謝料の中でもトラブルに発展しやすいのが後遺障害で多いむちうちなのですが、その中でも主婦の人の金額が難しいと言われています。もし働きに出ている方や、パートに行っている人であれば仕事を休んだ日、パートで本来得るはずだった給与に基づいて支払いをすればいいのですが、専業主婦の方の1日の仕事の金額を定めるのは非常に難しいです。

過去の事例としては2週間程度家事を満足にできなかった主婦の人に対して時給500円程度で計算した慰謝料を提示されたため、弁護士に依頼した所時給950円以上で計算しなおした金額が実際には出たということがありました。

むちうちによる交通事故慰謝料の事例を知りたい

むちうちで交通事故慰謝料を請求した人がどれくらいもらっているのが、事例を知りたいという人のためにご紹介します。男性の会社員の人が会社から帰宅途中に、後ろから車に突っ込まれて、むちうちと診断されました。治るまで週に4日×6か月ほど通ったのですがこれ以上治る見込みがいないということで症状固定になってしまいました。この時の慰謝料は赤い本基準に基づくと、通院費は入院なしですので89万円、それプラス本来働ける予定だった日の給与になりました。後遺障害認定もだし、14級が認められ

たので自賠責だったためこちらが32万円でした。

等級で変わるむちうちの交通事故慰謝料

むちうちといっても、完治できる軽度なものから、脳や神経まで障害が残る重度のものまであります。交通事故慰謝料は後遺障害認定の等級や、算定基準によって大きな隔たりがあるため、妥当な賠償請求ができるよう、交通事故弁護士が力になっています。

最も後遺障害が軽いとされる14等級では、過去の事例では自賠責保険で32万円でしたが、弁護士基準では110万円と3倍以上に上回るものでした。また次に重い12等級では93万円から290万円と大幅な違いがあります。このように正しい等級認定をうけることや、適正な基準をうけるために、専門弁護士がサポートします。

後遺障害の交通事故慰謝料の示談の時に

後遺障害の交通事故慰謝料を請求する時には弁護士に依頼をする人も多いようですが、最近では保険会社の人から、「示談でできれば済ませたい。弁護士に間に入ってもらっても弁護士基準の80パーセントほどでしか支払いができない」と先手を出す所もあるようです。

実際にこの後、裁判を起こしたとしても希望通りの金額をもらえると限りません。しかしこう言われた時も、どうしていいのかわからなければむしろ弁護士に相談した方がいいでしょう。なぜ弁護士基準の80パーセントしか支払うことができないのかなどといった計算などが出てくると、素人ではそれが正しいのか正しくないのかわかりません。

後遺障害が残ってしまった時の交通事故慰謝料

保険会社の人たちともめるお金に関することで一番多いのが後遺障害に対する交通事故慰謝料です。今までと同じように働けなくなってしまった場合には、本来もらえるはずである給与などと計算をしなくてはならないのですが、できるだけその金額を抑えようとしてきます。

そういった時に弁護士の人が使用するのが弁護士基準と呼ばれる過去の事例を集めたものです。こちらを使用することで納得がいかなった場合に「以前似たようなケースでは倍以上の金額が出ていたのだから今回もそれくらいでなければおかしい」といった風に使用されます。これを上手に使いこなすのが弁護士です。

交通事故の関連記事

交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きの内容に正しくない箇所があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きはお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

遺言書作成・相続手続き

過払い、債務整理、労働問題

司法書士や弁護士の情報