司法書士がいったいどんな業務をこなしているのか、一般的に知られていない事も多いのです。
実は、司法書士は会社設立から債務整理など、代理人のかわりに手続きをおこなっているのです。
それだけではなく、遺産相続の問題や土地の購入の書類作成など、あらゆる分野で活躍をしている仕事なのです。

債務整理が必要な人必見

交通事故の慰謝料相談

弁護士に頼ることのできる相続手続き

できる限り円満に終わらせたい相続手続きですが、財産が関わることになりますので、トラブルに発展するようなことも珍しくはないようです。遺言書があったとしても、遺言書で遺留分の十分な考慮が得られないような場合においては、トラブルになってしまうそうです。

そうした数々の遺産トラブルを知っている弁護士は、相続手続きにおいては心強い救世主の役割を担っているといっても過言はないでしょう。遺産に関連する内容はさまざまなものがありますので、弁護士などの専門家に対応していただくことで、手続きをスムーズに行うことができます。

相続手続きだけは弁護士との関係性が重視される

関係を持たなくても解決する可能性を持っていますが、相続手続きは行っていたほうが良いでしょう。弁護士に依頼を出しておけば、解決しやすい環境を作ってくれますし、相談することで間違った方法を取らなくても良いようになります。相続手続きについては、本当に難しい部分もあります。

困っているなら相談して、解決しやすい状況に持っていったほうが安定します。安定感を持って考えられるところが良いと思っているなら、どんどん相談を行ってください。意外と判断材料が多くなっているようになって、解決しやすい案件がどんどん増えていくのです。

借金など負債の相続手続きは弁護士に相談を

遺産を巡っての親族間のトラブル事例はよく聞きますが、逆に親族間で遺産を押し付け合う事例もあります。それは故人が借金などの負債を残していた場合です。このような相続手続きでは様々なことを考慮しなければなりませんので、法律知識の豊富な弁護士に相談することをお勧めします。

例えば、相続を放棄するにしても、負債だけを放棄して他の財産は相続する、という選択はできません。相続放棄は全ての遺産が対象となります。また、自分一人が相続放棄しても、負債が消滅する訳ではありません。他の相続人や、相続権のなかった親戚に至るまで、負債がたらい回しにされます。弁護士に相談して適切な対応を取りましょう。

弁護士に依頼してスムーズな相続手続きを

遺産相続にはトラブルがつきものです。特に故人が遺言書を残されなかった場合は、相続争いによって親族間の信頼関係が破綻してしまうケースも珍しくありません。深刻な事態を避けるためにも、遺産をお持ちの方には遺言書作成を、相続人の方には法律事務所への早期相談をお勧めします。

どちらの場合でも、法律知識の豊富な弁護士に相談すれば、スムーズな相続手続きを行うことが可能です。遺言書作成のサポートから、遺言執行の依頼、遺産分割協議の調停など、生前・死後を問わずあらゆる相続問題の相談が可能です。まずは無料相談で問い合わせてみると良いでしょう。

相続手続きの相談なら弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/

遺産相続の関連記事

交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きの内容に正しくない箇所があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きはお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

遺言書作成・相続手続き

過払い、債務整理、労働問題

司法書士や弁護士の情報