司法書士がいったいどんな業務をこなしているのか、一般的に知られていない事も多いのです。
実は、司法書士は会社設立から債務整理など、代理人のかわりに手続きをおこなっているのです。
それだけではなく、遺産相続の問題や土地の購入の書類作成など、あらゆる分野で活躍をしている仕事なのです。

債務整理が必要な人必見

交通事故の慰謝料相談

相続手続きの相談は弁護士でいいのか

相続対策セミナーが、全国各地で実施され盛況です。しかしながら、日本人は世界的に見ても相続手続きの準備をしないともいえます。遺言書を作成するのは1割程度で、資産の管理、処分をおこなう権限を家族に託す家族信託を活用する人も多くありません。手続きで疑問があれば、弁護士か司法書士に訊ねるといいでしょう。

そして何より大切なのが、家族で話をすることです。老後の資産管理、相続時の資産分割について、希望、思い、感謝の気持ちを話しておくといいでしょう。家族がしてくれると思っていても、元気なうちに話しておかなければ後で家族が困ります。

相続手続きは弁護士に相談をして完了させるようにしてください

遺産相続をする時には、いろいろな相続手続きをしていかなくてはなりません。手続きには期限が定められており、期限を少しでも超過してしまうと、相続トラブルに発展する場合があります。相続トラブルに発展させない為に、遺産相続が生じたらすぐに弁護士に相談をして、手続きの順番を整理するようにしてください。

アドバイス通りに手続きを完了させていくことによって、たくさんある相続手続きも全て、期限内に完了させることが出来ます。弁護士は頼りになる存在ですので、遺産相続が発生した場合には、速やかに相続相談を行い、手続きを終わらせるようにしてください。

相続手続きは弁護士に相談をしよう

遺産相続手続きが必要とされるような際には、自分たちでの判断だけでおこなうのではなく、遺産相続を専門としている弁護士に依頼をおこなうべきでしょう。この事は相続人が多いほど、そうした方がいいでしょう。プロである弁護士であれば、さまざまな事態に備えて適正な判断と配慮で遺産相続を進めてくださいます。

思わぬミスやトラブルなどを回避することもできるでしょう。また遺言書の作成があるような際においても、さまざまな知識を持たれていますので、サポートをおこなってくださることでしょう。円満に遺産相続をおこなっていきたいのであれば、依頼をおこなう事はマストでしょう。

相続手続きを弁護士に任せるメリット

相続手続きの代行を依頼する際に、司法書士、行政書士などどこに任せればよいのか迷ってしまいます。それぞれ専門とする分野が異なっているので、事前におさえておくとよいでしょう。司法書士は不動産関係の名義変更の代理ができ、相続に関するほとんどがこちらで済みます。

その他、相続税の申告は税理士に、自動車や山林の相続は行政書士と分かれてきます。では弁護士はというと、いわゆるオールマイティーな存在です。複雑な相続など相続争いやその可能性がある場合には頼るとよいでしょう。司法書士の行う不動産の名義変更に関しても専門ではないものの行うことができます。

相続手続きの相談なら弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/

遺産相続の関連記事

交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きの内容に正しくない箇所があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、自己破産、相続手続きはお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

遺言書作成・相続手続き

過払い、債務整理、労働問題

司法書士や弁護士の情報