司法書士がいったいどんな業務をこなしているのか、一般的に知られていない事も多いのです。
実は、司法書士は会社設立から債務整理など、代理人のかわりに手続きをおこなっているのです。
それだけではなく、遺産相続の問題や土地の購入の書類作成など、あらゆる分野で活躍をしている仕事なのです。

債務整理が必要な人必見

交通事故の慰謝料相談

裁判所に申立てをする自己破産

自己破産は、多額の借金で経済的に破綻していしまった時に、解決する方法の一つです。

破産は債権者から申立てをすることができますが、自己破産の場合は債務者が裁判所に申立てをすることです。

自己破産をすると生活用品などの必要最低限の財産以外は全て没収されてしまいますが、借金も全て無くすことができます。

支払い不能状態であることなどの一定の条件が認められなければ自己破産することができませんので、法律の専門家に相談すると良いでしょう。

借金地獄から脱出するため早期の借金相談を

借金返済の悩みから早く脱出したいのなら、早期に弁護士や司法書士などの専門家に借金相談することが必要です。債務整理を行えば、借金は減額されるか、又は自己破産のようにゼロとなり人生をやり直すことが出来ます。

債務整理の際、金利を引き直し返済額を見直しますので、これまで支払った過払い金が返って来ることもあります。いずれにせよ多重債務で悩んでいるばかりでは借金問題は解決できませんし、未来は開けません。借金相談は、後ろめたくまた恥の部分もあり勇気が必要ですが、早期に専門家に相談して解決し人生の再スタートを切るのが大切です。

自己破産する際に気をつけたい!免責不許可事由

自己破産は裁判所から『許可』をもらい成立するものですが、中には免責が許可されない場合もあります。 免責不許可事由という一定の事由がある場合がそれに当てはまりますが、簡単に言うと浪費やギャンブルが原因の負債であったり、虚偽の報告や所有財産等を偽ったり、前回の破産から7年未満だったりといった内容です。

しかし、免責不許可事由があるからと言って、必ず自己破産の免責が下りない訳ではありません。 裁判所が事情を考慮して、免責を与える事が相当であると判断した場合、裁量免債といい免責の許可が下りる場合もあります。 裁量の内容は各裁判所によって違いますので、まずは弁護士の相談内容には正直に答えましょう。

司法書士の自己破産の裁判上の対応

自己破産の手続きを取るにあたり、時として裁判上の対応が必要となることがありますが、将来的なトラブルを未然に防ぐために、腕利きの司法書士と連絡を取り合うことがとても有効です。

この頃は、司法書士が活躍したケースについて、数々の経済情報誌などで紹介されることがあるため、各地の優秀なスタッフが在籍している事務所に問い合わせをすることが望ましいといえます。

そして、自己破産の対応の仕方に関しては、それぞれの事務所の経営方針やスタッフの人数などにより、大きく左右されることがありますが、まずは信頼度の高いスタッフと打ち合わせをすることがコツです。

自己破産に悩む前に気を付けたい事とは

長期にわたって多額の借金に悩んできた方にとって、借金問題の解決は人生を変えるような出来事でもあります。民事再生や任意整理など、他の手段を使ったとしても完全な返済への計画が立てられない場合、地方裁判所へ申し立てを行う自己破産という手段が利用されます。

借金額の残りは帳消しとなる反面、一定の財産を手放さなければならないなど、満たさなければならない条件も存在しています。大阪などの都市には、借金問題を無料で相談できる窓口や、関連業務を担う専門機関が存在しています。借金問題を解決させたい方にとっては、頼れる存在となるでしょう。

自分の収入と自己破産

実際には自分の収入と自己破産というのは深い関係にあります。自己破産をしないといけないかどうかという事は、借金の金額だけでは判断する事はできず、自分の収入を考慮する必要があります。節約を最大限に行ったとしても、返済がとても追いつかないという場合には自己破産が適応される事になります。

ですので、弁護士に自己破産について相談する際には、自分の収入など詳しい事について伝える必要があります。プロの視点から自己破産について意見をいただく事ができれば、解決が大きく近づく事でしょう。無料相談などが実施されている事もありますので、活用すると早めに相談を持ち掛ける事ができる事でしょう。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

自己破産の関連記事

遺言書作成・相続手続き

過払い、債務整理、労働問題

司法書士や弁護士の情報