司法書士がいったいどんな業務をこなしているのか、一般的に知られていない事も多いのです。
実は、司法書士は会社設立から債務整理など、代理人のかわりに手続きをおこなっているのです。
それだけではなく、遺産相続の問題や土地の購入の書類作成など、あらゆる分野で活躍をしている仕事なのです。

債務整理が必要な人必見

交通事故の慰謝料相談

自己破産と債務整理

自己破産をすると、基本的には全ての負債はなかったことになります。破産するということはお金が全然ないということですから、これは納得のいく話です。

しかし、気になるのは借金以外のお金についてです。仮に夫婦が離婚をして子供を一方が引き取った場合、相手側に養育費の支払いの義務が生じるケースがあります。本来であれば養育費を支払わなければならない相手が自己破産した場合、その扱いはどうなるのでしょうか。

養育費に関しては非免責債権として扱われるため、借金とは違ってなかったことにされる心配はありません。しかし、自己破産をするほどの経済状況を考えると、当初の取り決めの額を支払ってもらえる可能性は低くなります。そのため、再び話し合いの場を設けるなどをして金額や支払条件について取り決める必要が出てくるでしょう。

債務整理を行う際は慎重に行いましょう。

債務整理や調停について

債務整理の問題を解決したい場合には、大阪の法律事務所のパンフレットやカタログをチェックすることがおすすめです。 現在のところ、債務整理や調停のメリットについて、様々なメディアでピックアップされることがありますが、多重債務のリスクに対応をするために、信頼のおけるスタッフに相談をすることが良いでしょう。

また、複数の法律事務所のスタッフからアドバイスを受けることによって、多忙な生活を送っている人であっても、冷静に判断をすることが可能となります。 その他、債務整理のポイントをマスターすることがとても大事です。

自己破産と免責決定手続きについて

財産には、プラスの財産と、マイナスの財産(負債)があります。 プラスの財産とマイナスの財産を比較して、マイナスの財産が多い状態を債務超過といいます。財産は手放したくないが、負債は返したくないという身勝手は通りませんが、全財産とすべての負債を帳消しにして再スタートをするための仕組みが自己破産です。

 そのため、現金や預貯金に限らず、不動産や車などの財産がある場合には慎重な判断が必要です。  また、自己破産をしただけで自動的に負債の返済義務がなくなるわけではありません。  自己破産後に免責決定を受けるまでが個人の破産手続きになります。

司法書士の自己破産の解説について

丁寧に自己破産の手続きについて解説をしてくれる司法書士は、ここ数年のうちに依頼件数が増えており、早いうちに信頼のおけるスタッフと話し合いを進めることがとてもおすすめです。

現在のところ、司法書士のメリットやデメリットについて、借金の問題を抱えている社会人にとって、興味深い事柄としてみなされることがあります。

そこで、もしも司法書士の相談方法に関して迷いがあれば、大手の事務所のスタッフとコンタクトを取ることはもちろん、まずは実際に自己破産の手続きをしたことがある人からアドバイスを受けることが良いでしょう。

自己破産の際に考えておきたいポイント

大阪などを中心として寄せられる借金問題は数多く、弁護士などの国家資格を持つ専門家などによって、問題解決への道筋が立てられています。民事再生や任意整理などの手段を用いても、完全な返済が見込めない場合、自己破産という方法が利用されます。

地方裁判所への申し立てによって、借金の残額をなくすことが可能となるものの、所有していた財産などは手放さなければならなくなります。自分の状況や生活環境などに合わせて、借金問題への対策を考えることも、今後の生活を順調に送る上でも重要な要素となります。相談だけであれば、無料で受け付けてもらえる専門機関もあります。

お金がかかる自己破産

手元にお金が全くない場合には自己破産すら行う事もできません。実は自己破産を行うにしてもお金はかかります。自己破産では複雑な手続きが必要になりますので、弁護士と共に進める場合が多いのですが、お金がないと弁護士費用すら捻出する事はできません。

自己破産をしないといけないかどうかという事の判断は簡単ではありません。自己破産に対して自分で誤った判断をするのではなくて、このままでは返済の先行きが不安という状況に陥った時には、速やかに法律家に相談するのが理想的でしょう。まだ、現状において手続きは必要ではないと思っていると、気が付いたら手遅れになってしまっている可能性もあります。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

自己破産の関連記事

遺言書作成・相続手続き

過払い、債務整理、労働問題

司法書士や弁護士の情報