司法書士がいったいどんな業務をこなしているのか、一般的に知られていない事も多いのです。
実は、司法書士は会社設立から債務整理など、代理人のかわりに手続きをおこなっているのです。
それだけではなく、遺産相続の問題や土地の購入の書類作成など、あらゆる分野で活躍をしている仕事なのです。

債務整理が必要な人必見

交通事故の慰謝料相談

過払いで訴訟する際の費用

金融機関と頑張って交渉しても、過払いを取り戻す事ができなかった時には訴訟をして、取り戻すという方法も残されています。

しかし、訴訟をすると費用がかかる事が予想されますので、そこまでして過払いをするかどうかという事は、法律家と相談しながら自分で決定する様にしたいですね。

しかし、訴訟で勝つ事ができれば、費用がかかっても、高額な過払い金が振り込まれる事もあります。発生している過払い金の金額が大きいと考えられる場合には、費用はかかりますが訴訟を検討するのもいいかもしれませんね。

過払い金を全額取り戻せても大した金額ではないなら、費用の負担が大きいという事で、そのままにする事も可能です。訴訟の費用について考えたいですね。

払い過ぎ?貸金業者に対する過払い請求

貸金業者から借りたお金を完済したものの、ひょっとしたら過払いが発生している可能性があります。グレーゾーン金利の時代に貸金業者からお金を借りていたなら、過払いを疑うべきです。

弁護士や司法書士に依頼すると、過払い請求の協力をしてくれます。借金の再計算を行い、払いすぎた利息分を返済するように要求してくれます。専門家に任せることができるため、依頼者自身が相手と直接話をする必要がありません。 相手が支払いを渋るようなら、裁判を起こすこともできます。過払い請求が成功すれば、その金額の一部を報酬として支払う流れです。

過去の借入による過払い請求を弁護士へ

現在返済を行っている最中の人だけではなくて、過去に借入を行った事があるという人についても弁護士に相談するなどして、過払い請求を行う事ができます。しかし、10年以上前の借入に対する過払い請求となれば、たとえ弁護士に相談したとしても、難しいと思われます。

過去の借入による過払い請求を弁護士へ相談しようと思っていても、つい忘れてしまったり、忙しくて後回しにしてしまう事もあるかと思われます。過去の借入による過払い請求を弁護士に相談する予定があれば、できるだけ早い段階で済ませてしまう事をおすすめします。過払い請求は時効に気を付けながら弁護士に相談する必要があるかと思われます。

過払い請求のおかげで一気に借金問題を解決

過払い請求のおかげで一気に借金問題を解決できるケースは、全国的に増え続けており、借金に関する生活上の悩みをすぐに解消するうえで、実績のある法律事務所に任せることが肝心です。

中でも、顧客対応が優れている法律事務所においては、実際に過払い請求を行ったことがあるクライアントの体験談がホームページなどに分かりやすく紹介されており、誰しも魅力ある相談先を見つけることが可能となります。そして、過払い請求の重要性に関して知っておきたいことがあれば、無料相談などのチャンスが用意されている依頼先を選ぶことが大切です。

過払い請求って結局なに?

過払い請求という言葉自体は最近よく聞きますが、実際にはどういった請求のことを指すのでしょうか?金融会社がお金をお客さんに貸す時には利息に関しては法律上何パーセント以内という風に決まっています。

現在は18パーセント以内と決まっており、それ以上の利息をつけて返済をさせた場合には後々、余分に支払わせた分に関しては返済していた側が請求できるという仕組みになっています。

借金を全て完済した後でも過払い請求はすることができますので、「もう完済してしまったから」と諦めずにまずは調べてみる価値があります。特に10-15年ほど前に返済が終わった人に関しては余分な利息を付けられている可能性が非常に高いです。

弁護士はいくらでも過払い請求できる?

司法書士には過払い請求の限度額というものが法律上で制定されており、140万円以上の過払い請求に関してはまずその依頼を受けることもできません。これは法律で決まっているためどうしようもないので、もし自分に過払いが140万円以上ある場合には弁護士への依頼が必要になってきます。

弁護士にはそのジャンルにおいても金額による限度がないため、いくらでも請求をかけることができますし、どういった相談でも受けることができます。司法事務所に依頼する方が安いと言われていますが、法律事務所の方が費用は高い理由があるのです。

過払いの関連記事

遺言書作成・相続手続き

過払い、債務整理、労働問題

司法書士や弁護士の情報