司法書士がいったいどんな業務をこなしているのか、一般的に知られていない事も多いのです。
実は、司法書士は会社設立から債務整理など、代理人のかわりに手続きをおこなっているのです。
それだけではなく、遺産相続の問題や土地の購入の書類作成など、あらゆる分野で活躍をしている仕事なのです。

債務整理が必要な人必見

交通事故の慰謝料相談

相談は早く済ませたい交通事故の慰謝料

交通事故の慰謝料については相談すべきであるのか、もしくはこの程度であれば相談必要はないのかという事で悩んでいる人もいるかもしれませんね。

しかし、交通事故の慰謝料については書類にサインをすると結果が変わる可能性は低くなる事から、相談を考えているのであれば、早く済ませる様にしたいですね。

交通事故慰謝料については入院先の病院まで弁護士が訪れて、そこで相談を行うケースもあります。健康が十分ではない状態でいろんな重要な話をするのは、多いに負担となる事もありますので、交通事故の慰謝料について自分の代わりに対応してくれる法律家がいると心強いですね。

相談して交通事故の慰謝料の事は任せられると、治療に専念できますね。

交通事故慰謝料は後遺症の等級で決まります

交通事故にあってしまった場合、交通事故慰謝料は後遺症の等級によって定型的に決定されます。 そこで、自賠責保険の等級認定が交通事故における争点となります。

認定に際しては、医師が発行した診断書をベースに、自賠責保険で認定されることになります。 この認定は、最終的に訴訟で交通事故慰謝料の額が問題になったような場合でも、裁判所も当てにするものですから、ここの認定をしっかりする必要があります。

被害者請求と加害者の保険会社による請求がありますが、よほど相手方との交渉において加害者の保険会社の信用がないような場合でない限り、任せてしまうのが手続的には楽といえます。

後遺障害がある場合の交通事故慰謝料

交通事故の被害者となり、後遺症が残った場合は、認定申請をおこないます。後遺障害が認定されると、その等級別に決まった額の後遺障害慰謝料が支払われます。これと入通院慰謝料とを合わせた額が、交通事故慰謝料となります。

交通事故慰謝料には、自賠責基準、任意保険基準、裁判基準があり、自賠責基準の補償は被害者全員が受けられます。それにプラスして、裁判基準での慰謝料が受け取れるかどうかは、弁護士に依頼するか否かで決まります。被害者が個人で交渉している限り、裁判基準での慰謝料が支払われることはありません。重傷であれば、必ず弁護士に依頼することです。

自賠責保険基準の慰謝料は安く弁護士基準では高い

交通事故の被害者は、体の怪我や持ち物の損壊、仕事に行けず収入の減など大きな損害を受けます。これに加えて、精神的にも大きなダメージを受けるのが当然です。被害者は、損害賠償請求の中でこの精神的な苦痛に対する賠償金にあたる慰謝料を請求できます。

慰謝料においては、精神的苦痛という特質上、治療費や車の修理費などと違って個人的な差が大きいという難しい点があります。そこで、不公平感が出ないように交通事故の慰謝料には計算式が決められています。しかしこの計算式はひとつではなく、自賠責保険基準・任意保険基準・弁護士基準と3つの基準がありどの基準を使うかで慰謝料額は変わるので要注意です。 慰謝料の金額は、自賠責保険基準では最も安く、弁護士基準で最も高く計算されます。

精神的苦痛を癒やす交通事故慰謝料と相場

交通事故慰謝料とは、被害者が事故が原因で怪我をしたり亡くなってしまった時に被る精神的苦痛や、怪我の後遺障害が残ってしまった場合の精神的苦痛に対して支払われる金銭です。交通事故の怪我の痛みや会社を休まなければならなくなった時の社会的な心の不安を癒やすことができると考えられる金額が支払われます。

しかし、精神的なものを数字で表し評価することは困難です。そのために交通事故慰謝料には相場があります。自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つです。それぞれ計算方法が異なるため、慰謝料の金額に差が出てきます。示談交渉をする前にそれぞれの相場を知っておけば、相手がどの基準によって交渉しているか知ることができ、交渉も有利にすすめることができます。

交通事故慰謝料の傷害慰謝料とはどういったものか

交通事故慰謝料は、被害者が相手に請求する金銭で、精神的な損害に対する支払いです。これは、民法709条を根拠としています。これは、死亡時も請求できますが、実際問題死亡した人間が相手に対して請求することはできません。

その慰謝料は、遺族に相続されます。そのため、交通事故慰謝料として傷害慰謝料を請求するのは、被害者自身となります。被害者以外が慰謝料を請求できるのは、被害者が死亡した場合にその身内のみが主張することができるものですが、傷害の場合はそのような規定がないため、被害者自身しか請求できないのです。

交通事故慰謝料の見積もりの仕方とは

千葉でも茨城でも、毎年交通事故は起きています。 交通事故に付随する問題の一つが、「慰謝料の支払い」です。 交通事故慰謝料の見積もりを行うには、まずその分類を知っておく必要があります。 交通事故慰謝料は、以下の三つに大きく分類されます。

一つ目は、「後遺障害慰謝料」。
これは、事故により障害が残ったことに対する慰謝料です。 ムチ打ちなどの軽い物から、歩けなくなるなどの重い物まで対象は幅広くなっています。 最も軽い14級の場合、32万園~110万円。 最も重い1級の場合、1,100万円~2,800万円となっています。

二つ目は、「入通院慰謝料」。
これは、自己で病院に通わざるをえなくなったことに対する慰謝料です。 「入通院の期間」と、「ケガをした箇所」「ケガのレベル」によって変わってきます。 最も軽い「通院のみ3ヵ月」の場合、25万2,000円~73万円。 最も重い「入院2ヵ月・通院6ヵ月」の場合、100万8,000円~181万円となっています。

三つ目は、「死亡慰謝料」。
これは、本人および遺族に対する慰謝料です。 本人への額は、350万円~3,600万円。 これに、遺族への分として550万円~950万円が加算されることになります。

自転車による交通事故慰謝料請求の事例がある

最近増えている交通事故がどういった種類のものかご存じでしょうか?それは自転車と歩行者の事故です。自転車は免許がなく誰でも乗ることができることからも、事故が起こりやすくなってしまっています。

近年の自転車ブームによって更に増加したと言われています。どんな事故が多いのかというと自転車に乗っている人がスマホをいじりながら乗っていたため、目の前に急に現れた歩行者に気がつかずそのまま接触してしまったという事例が非常に多いです。そのため近年では自転車の走行に対する法令もできてきており、交通事故慰謝料を請求される場合もあります。

交通事故の関連記事

遺言書作成・相続手続き

過払い、債務整理、労働問題

司法書士や弁護士の情報